ホーム > 今日の一言







1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<< 前の月次の月 >>


<< 最初から最後から >>

* 指定しない(1342)
日常(618)
看護(360)
家族(147)
旅行(184)
バイク(30)
スキー(31)
テニス(42)
ダイビング(14)
アウトドア(22)
カメラ(33)
映画(12)
英語(122)
ピアノ(2)


RSS 2.0

Getting Old
Mowing The Lawn
The Piano
Annihilation
The Only Symptom Is A Fever
Heal The World
A Shy Girl
A Telephone Call From My Boss
I Lost
Spiteful

初めまして
トシさん、こんばんは。
はじめまして
ありがとうございます
初コメント

2009年07月(22)
2009年06月(28)
2009年05月(29)
2009年04月(28)
2009年03月(28)
2009年02月(10)
2009年01月(2)
2008年12月(6)
2008年11月(3)
2008年10月(4)
2008年09月(4)
2008年08月(6)
2008年07月(6)
2008年06月(9)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(7)
2008年02月(2)
2008年01月(1)
2007年12月(4)
2007年11月(5)
2007年10月(8)
2007年09月(10)
2007年08月(3)
2007年07月(2)
2007年06月(3)
2007年05月(4)
2007年04月(4)
2007年03月(8)
2007年02月(6)
2007年01月(4)
2006年12月(4)
2006年11月(4)
2006年10月(6)
2006年09月(4)
2006年08月(5)
2006年07月(5)
2006年06月(12)
2006年05月(4)
2006年03月(1)
2006年02月(5)
2006年01月(10)
2005年12月(7)
2005年11月(8)
2005年10月(4)
2005年08月(6)
2005年07月(6)
2005年06月(7)
2005年05月(13)
2005年04月(16)
2005年03月(12)
2005年02月(8)
2005年01月(10)
2004年12月(11)
2004年11月(11)
2004年10月(14)
2004年09月(3)
2004年08月(14)
2004年07月(8)
2004年06月(9)
2004年05月(1)
2004年04月(5)
2004年03月(8)
2004年02月(9)
2004年01月(10)
2003年12月(13)
2003年11月(9)
2003年10月(19)
2003年09月(19)
2003年08月(8)
2003年07月(17)
2003年06月(14)
2003年05月(9)
2003年04月(13)
2003年03月(18)
2003年02月(14)
2003年01月(22)
2002年12月(20)
2002年11月(23)
2002年10月(25)
2002年09月(25)
2002年08月(9)
2002年07月(7)
2002年06月(14)
2002年05月(28)
2002年04月(24)
2002年03月(21)
2002年02月(19)
2002年01月(17)
2001年12月(11)
2001年11月(10)
2001年10月(7)
2001年09月(15)
2001年08月(12)
2001年07月(15)
2001年06月(23)
2001年05月(20)
2001年04月(19)
2001年03月(5)
2001年02月(22)
2001年01月(20)
2000年12月(20)
2000年11月(21)
2000年10月(27)
2000年09月(9)
2000年08月(31)
2000年07月(13)
2000年06月(16)
2000年05月(16)
2000年04月(12)
2000年03月(21)
2000年02月(21)
2000年01月(16)
1999年12月(10)

<< 今日の一言 >>

A Long Way to Go
2009/07/02(Thu)

Today, I just kept on making a material for an orientation of the electronic chart I use in my workplace.
今日、私は、職場で使っている電子カルテのオリエンテーションに使う資料を作り続けていました。

There used to be some nurses who could teach how to use the electronic chart, but at the moment, I am the only nurse who can do it.
電子カルテの使い方を教えることができる看護師が何人かいましたが、現在は、私しかいません。

So I need to make the material to lighten my load.
それで、私は自分の負担を減らすために資料を作る必要があります。

I think that I need to teach my co-workers on how they should teach others.
私は、同僚にその使い方を教える方法を教える必要があると思います。

But my co-workers rely on me for the electronic chart because I'm good at computers.
しかし、私がパソコンに強いので、同僚たちは電子カルテのことを任せます。

For the time being, I have to consider how I can make my co-workers think that they need to learn it.
とりあえず、私は、同僚がそれを学ばなければと思うようにする方法を考えなければなりません。

That seems to be a long way to go.
遠い道のりです。

看護コメント │ トシ@管理者



We Are The World
2009/07/01(Wed)

Michael Jackson died on 25th June 2009.
マイケル・ジャクソンが2009年6月25日に亡くなりました。

To be honest, I didn't know about him very much.
正直なところ、私は彼についてあまりよく知りませんでした。

All I knew about him was that he was a great musician and composed a famous song named "We are the world".
私が彼について知っていたのは、彼が偉大なミュージシャンであり、「We are the world」という有名な歌を作曲したということだけでした。

I wanted to listen to that song, so I watched the video on YouTube.
私は、その歌が聞きたくなったので、YouTubeでそのビデオを見ました。

The song moved me deeply and I watched the video over and over again.
その歌は、再び私を深く感動させました。そして、何度も何度もそのビデオを見ました。

While listening to the song, I looked into the song on Wikipedia.
歌を聴いている間、私はウィキペディアで、その曲について調べました。

According to it, the sales of the song were about 63 million dollars and all royalties were contributed.
それによると、歌の売上は約6300万ドルで、すべての印税は寄付されました。

At the moment, are there any charity activities like that?
現在、そのようなチャリティー活動がありますか?

If so, I want to know.
もしあるなら、知りたいです。

日常コメント │ トシ@管理者



The Normal Body Temperature
2009/06/30(Tue)

My recent routine is to take my body temperature when I wake up.
私の最近の日課は、起きたときに体温を測定することです。

My throat still hurt but I didn't feel as hot today.
私の咽喉は相変わらず痛みますが、今日は身体が熱いと感じませんでした。

I took my body temperature and it was 36.8℃.
体温を測定すると、36.8℃でした。

It's the normal body temperature.
それは、平熱です。


The time when I took an antipyretic last was about 10 hours ago.
私が最後に解熱剤を飲んだのは、およそ10時間前でした。

So the reason that I have the normal body temperature was definitely not effect of the antipyretic.
つまり、私が平熱であるのは、確実に解熱剤の影響ではありません。


I looked at my throat using a mirror.
私は、鏡で自分の咽喉を見ました。

My throat was still red and swollen but it was better than before.
私の咽喉は未だに赤く腫れていましたが、以前よりは良くなっていました。


I think that I'm getting better rapidly.
急速に良くなっていると思います。

日常コメント │ トシ@管理者



How To Choose a Hospital
2009/06/29(Mon)

This morning, I woke up with a terrible headache and throat ache.
今朝、私はひどい頭痛と咽頭痛で目覚めました。

After that I took my body temperature.
それから、私は体温を測定しました。

The clinical thermometer showed 38.9℃.
体温計は、38.9℃を示しました。

So I gave up going to working today.
それで、今日の出勤を諦めました。


I telephoned my boss and she let me have two days off.
上司(師長)に電話すると、2日間の休みをくれました。

Instead of working, I went to a hospital again.
働く代わりに、私はまた病院へ行きました。

My workplace is a university hospital but I went to a municipal hospital.
私の職場は大学病院ですが、市民病院へ行きました。


I think the university hospital I work for has advanced technology and excellent medical staff.
私は、自分が働く大学病院には先進的な技術があり、優れた医療スタッフがいると思います。

If I were suffering from a severe sickness like cancer, I would go to the university hospital as a patient.
もし、私は癌のようなシビアな病気に罹っていたら、私は患者としてその大学病院に行くと思います。

But I was diagnosed with tonsillitis yesterday.
しかし、昨日、私は扁桃炎と診断されました。

Honestly, I just wanted antibiotics, so any hospital would have been alright.
正直なところ、私はただ抗生剤が欲しいだけだったので、どんな病院でも問題ありませんでした。


I hope I get better soon.
早く良くなるとよいのですが…

看護コメント │ トシ@管理者



An Intravenous Drip
2009/06/28(Sun)

When I woke up this morning, my body temperature was 39.1℃.
今朝、目覚めたとき、私の体温は39.1℃でした。

So I went to a hospital today.
それで、病院に行きました。


The doctor said that my throat was red and swollen.
医師は、私の咽喉が赤く腫れ上がっていると言いました。

At first, he said that he couldn't prescribe any antibiotics at the emergency room.
最初、救急外来では抗生剤を処方することができないと言われました。

However, because my throat had pus, his superior doctor permitted prescribing antibiotics.
しかし、私の咽喉が膿んでいたので、彼の上級医が抗生剤の処方を許可してくれました。

Then, I received an antibiotic intravenous drip.
それから、私は抗生剤の点滴を受けました。


The veins in my arms stood out, so it would have been easy to insert needles into my veins.
私の腕にある静脈は怒張しているので、私の静脈に針を挿入するのは容易だったはずです。

However, a nurse failed in inserting a needle into my vein.
ところが、看護師は私の静脈に針を挿入するのに失敗しました。

I felt very strong pain in my arm when she tried to insert a needle.
彼女が点滴留置を試みたとき、私は腕にとても強い痛みを感じました。

And no blood flowed backward in the intravenous drip tube.
そして、点滴チューブに全く血液が逆流しませんでした。

It means the needle wasn't inserted in any blood vessels.
それは、針が全く血管に入っていないことを意味します。

I couldn't understand why she failed in it.
私は、なぜ彼女が失敗したのか理解できません。


Anyway, I feel better now thanks to the antibiotic.
何にしても、抗生剤のおかげで今は少し良くなりました。

I hope that I can work tomorrow.
明日、働けると良いのですが…

日常コメント │ トシ@管理者



Chill & Fever
2009/06/27(Sat)

I have a fever today.
今日、私は熱があります。

I felt chilly on my way home after the night shift.
夜勤からの帰宅途中で私は寒気を感じました。

After a few hours, I checked my body temperature.
その2〜3時間後に体温を測定しました。

My temperature was 37.6℃.
私の体温は37.6℃でした。

So I took the cold medicine and went to bed.
それで、私は風邪薬を飲んで寝ました。


In the evening, my wife woke me up.
夕方、妻が私を起こしました。

At the time, I felt that my body was hot.
そのとき、私は自分の身体が熱いのを感じました。

I checked my body temperature again.
また体温を測定しました。

My temperature was 38.6℃.
38.6℃でした。


I planned to play tennis tomorrow, but I may be unable to do so.
明日、テニスをする予定でしたが、できないかもしれません。

日常コメント │ トシ@管理者



The Universe
2009/06/26(Fri)

Last night, I read some web articles about the universe.
昨夜、私は宇宙に関するウェブ記事を読みました。

I don't know why but I came to want to know about the sun.
私は、なぜだか分かりませんが、太陽について知りたくなりました。

So I looked into the sun on Wikipedia.
そこで、ウィキペディアで太陽を調べました。


And then, I took interest in the universe, black holes, the theory of relativity, and so on.
すると、私は宇宙、ブラックホール、相対性理論などにも興味を持ちました。

I had an interest in the universe, so I already knew a little about the universe and black holes.
私は宇宙に興味があったので、宇宙やブラックホールについて少し知っていました。

However, the articles on Wikipedia were very detailed.
しかし、ウィキペディアの記事はとても詳しかったです。


When I read those articles, I thought that I'm an extremely small existence in the universe.
それらの記事を読んでいると、私は自分が宇宙の中のとても小さな存在であると思いました。

And I came to want to know why creatures wanted to survive.
そして、私はなぜ生物が生存を望むのかについて知りたくなりました。


Even planets have their life span.
惑星でさえ、寿命があります。

So we will never be able to survive when the earth or the sun dies.
だから、地球や太陽が寿命を迎えると、私たちは絶対に生き残ることができません。

Of course, the time our planet will die is far from now.
もちろん、惑星が寿命を迎えるのは、今からかなり遠い未来です。

For example, the sun will die several thousand million years from now.
例えば、太陽は数十億年後に寿命を迎えます。


Anyway, if we know that we will be unable to survive, why do we want to live as long as possible?
いずれにしろ、もし、私たちが生き残ることができないと知っているならば、なぜ私たちはできるだけ長く生きたいと思うのでしょうか?

Human beings may possibly find a way to escape to other planets before the sun or the earth will dies, but other creatures, such as animals or insects, will never find the way to do that. (They don't even know that the planet will die, though.)
人類は、太陽や地球が寿命を迎える前に、他の惑星へ逃れる方法を見つけるかもしれませんが、動物や昆虫といった他の生物は、絶対にそのような方法を見つけることができません。(もっとも、彼らは惑星がいつかなくなるということすら知りませんが…)

I want to know more about the universe now.
私はもっと宇宙について知りたいです。

日常コメント │ トシ@管理者



Long Sleepers
2009/06/25(Thu)

The other day, I read an interesting article.
先日、面白い記事を読みました。

According to the article, human beings are divided into three groups.
その記事によると、人々は3つのグループに分けられるそうです。

The first group consists of people who sleep less than six hours per day.
1番目のグループは、1日当たり6時間未満しか眠らない人々です。

They're called short-sleepers.
彼らは、ショートスリーパーと呼ばれます。

The second group consists of people who need to sleep more than nine hours per day.
2番目のグループは、1日当たり9時間以上の睡眠を必要とする人々です。

They're called long-sleepers.
彼らは、ロングスリーパーと呼ばれます。

The third group consists of people who sleep for six to nine hours per day.
3番目のグループは、1日当たり6〜9時間眠る人々です。

They're called valuable-sleepers.
彼らは、バリアブルスリーパーと呼ばれます。

This group is normal.
このグループが普通です。


For instance, Napoleon Bonaparte and Thomas Alva Edison were short sleepers, and Albert Einstein was a long sleeper.
例えば、ナポレオン・ボナパルトやトーマス・エジソンはショートスリーパーで、アルベルト・アインシュタインはロングスリーパーです。

I definitely belong to the second group "long sleepers".
私は間違いなく2番目のグループ「ロングスリーパー」に所属します。

I need to sleep more than nine hours per day.
私は1日当たり9時間以上の睡眠を必要とします。

Of course, I can't always sleep for such a long time, though I want to.
もちろん、必ずしもそれほど長く眠れる訳ではありませんが、実際はそうしたいのです。

I seem to be the Einstein-type.
私はアインシュタイン・タイプのようです。

Because I respect him, I'm glad about it.
私は彼を尊敬しているので、嬉しく思います。

日常コメント │ トシ@管理者



A Loud Noise
2009/06/24(Wed)

Recently, my daughter has been interested in playing with balloons.
最近、私の娘は風船で遊んでいます。

So I blew up a balloon for her.
それで、私は風船を膨らませました。

After I finished blowing it up, we started to play with the balloon.
吹き込み終わると、私たちはそのバルーンで遊び始めました。

Just then we heard a loud noise.
そのとき、私たちは大きな音を聞きました。

As you might've guessed, the balloon burst.
お察しの通り、風船が割れました。

Of course, I was surprised, but my daughter said, "I wasn't surprised at all."
もちろん、私は驚きましたが、娘は「ビックリしなかったよ。」と言いました。

She looked as if she enjoyed the loud noise.
彼女は、まるでその音を楽しんでいるように見えました。

家族コメント │ トシ@管理者



A Unique Way of Thinking?
2009/06/23(Tue)

According to my wife, my way of thinking is a little unique.
妻によると、私の考え方は少しユニークです。

For example, when I see little fish in a water tank, I think, "What are they thinking? Do they have any intention to do something? Or, do they feel hungry?"
例えば、私は水槽の小さな魚を見て、「彼らは何を考えているの?彼らは何かをするという意志を持っているの?もしくは、空腹だと感じるの?」と考えます。

Of course, I don't think that everything has a mind.
もちろん、私はすべてのものが心を持っているとは思いません。

But I think that everything which has a brain may be able to think or feel something.
しかし、私は脳を持つすべてのものが考えたり、感じたりすることができると思います。

On the other hand, my wife doesn't have much interest in such things.
一方で、妻はそのようなことにあまり興味がありません。

How about you?
あなたはどうですか?

日常コメント │ トシ@管理者



[前の10日表示]   [今日の一言]   [次の10日表示]
- My Moblog v1.0 -