ホーム > 今日の一言



1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30





<< 前の月次の月 >>


<< 最初から最後から >>

指定しない(1342)
日常(618)
看護(360)
家族(147)
旅行(184)
バイク(30)
スキー(31)
テニス(42)
ダイビング(14)
アウトドア(22)
カメラ(33)
映画(12)
英語(122)
ピアノ(2)


RSS 2.0

Getting Old
Mowing The Lawn
The Piano
Annihilation
The Only Symptom Is A Fever
Heal The World
A Shy Girl
A Telephone Call From My Boss
I Lost
Spiteful

初めまして
トシさん、こんばんは。
はじめまして
ありがとうございます
初コメント

2009年07月(22)
2009年06月(28)
2009年05月(29)
2009年04月(28)
2009年03月(28)
2009年02月(10)
2009年01月(2)
2008年12月(6)
2008年11月(3)
2008年10月(4)
2008年09月(4)
2008年08月(6)
2008年07月(6)
2008年06月(9)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(7)
2008年02月(2)
2008年01月(1)
2007年12月(4)
2007年11月(5)
2007年10月(8)
2007年09月(10)
2007年08月(3)
2007年07月(2)
2007年06月(3)
2007年05月(4)
2007年04月(4)
2007年03月(8)
2007年02月(6)
2007年01月(4)
2006年12月(4)
2006年11月(4)
2006年10月(6)
2006年09月(4)
2006年08月(5)
2006年07月(5)
2006年06月(12)
2006年05月(4)
2006年03月(1)
2006年02月(5)
2006年01月(10)
2005年12月(7)
2005年11月(8)
2005年10月(4)
2005年08月(6)
2005年07月(6)
2005年06月(7)
2005年05月(13)
2005年04月(16)
2005年03月(12)
2005年02月(8)
2005年01月(10)
2004年12月(11)
2004年11月(11)
2004年10月(14)
2004年09月(3)
2004年08月(14)
2004年07月(8)
2004年06月(9)
2004年05月(1)
2004年04月(5)
2004年03月(8)
2004年02月(9)
2004年01月(10)
2003年12月(13)
2003年11月(9)
2003年10月(19)
2003年09月(19)
2003年08月(8)
2003年07月(17)
2003年06月(14)
2003年05月(9)
2003年04月(13)
2003年03月(18)
2003年02月(14)
2003年01月(22)
2002年12月(20)
2002年11月(23)
2002年10月(25)
2002年09月(25)
2002年08月(9)
2002年07月(7)
2002年06月(14)
2002年05月(28)
2002年04月(24)
2002年03月(21)
2002年02月(19)
2002年01月(17)
2001年12月(11)
2001年11月(10)
2001年10月(7)
2001年09月(15)
2001年08月(12)
2001年07月(15)
2001年06月(23)
2001年05月(20)
* 2001年04月(19)
2001年03月(5)
2001年02月(22)
2001年01月(20)
2000年12月(20)
2000年11月(21)
2000年10月(27)
2000年09月(9)
2000年08月(31)
2000年07月(13)
2000年06月(16)
2000年05月(16)
2000年04月(12)
2000年03月(21)
2000年02月(21)
2000年01月(16)
1999年12月(10)

<< 今日の一言 >>

寂しがり屋
2001/04/12(Thu)

 一人で病室に居ると、とても寂しい気持ちになってくる。特に何もすることはない。特に何もしたいことはない。ただボーっとしているだけ…苦しめられた痛みからは解放され、カテーテルも全て抜けた。今の私は自由だ…でも、今の私には何もない。目標もなければ、守るものもない。今の私は、誰かが自分のところに来てくれるまで、ただベッドに横たわるのみ。他人の優しさに甘え、弱った患者を演じようとする。少しくらい頑張って、周りの誰かのためになることをしてみてはどうか?今の私は、甘えている。たまには根性見せてみなよ?

日常コメント │ トシ@管理者



退院の日
2001/04/16(Mon)

 今日、ついに退院の日を迎えた。術後数日の激痛や再手術なんてこともあったけど、とりあえず無事に済んだから良かった。

日常コメント │ トシ@管理者



刺殺
2001/04/17(Tue)

 最近、イヤな夢をよく見る。普段は滅多に夢を見ることのない私だが、今は寝る度に夢を見る。それも決まってイヤな夢…心地良い目覚めなんてなかった。でも、今朝は違った。始めはいつも通りイヤな夢だった。妙な男に誘拐されていく夢だった。何故だか以前にも同じ夢を見たことがあるような、そんな気がする。でも、結末は思い出せない。少なくとも明るい結末ではなかった気がするが…。とにかく『このままじゃいけないっ!』と思って、男に抵抗してみた。それを決意させたのは母親の姿…私は、未だに親に甘える気持ちが大きいようだ。母に助けを求めるために、せめてそこまでは逃げ延びよう、そんな気持ちで抵抗した気がする。情けない話だ。でも、母親は役に立ってくれなかった。必死に助けを求める私に気付かないようだった。仕方がないので、私は一人で抵抗した。時には退くこともあったが、決して逃げ続けることはなかった。そもそも逃げたい訳ではなかった…いや、逃げても絶対にまた追われる気がして、相手をやっつけることを考えた。必死に戦った…結局、結末は分からない。必死に戦いながら目覚めたから…でも、何とかなった気がする。私は負けない気がする。普段なら逃げ続ける夢を見るだろうに、今朝は立ち向かう夢を見た。大した進歩だ!私は一人で喜んでいる…虚しい…。

 朝、再び眠りに就いた私は、またしてもイヤな夢を見る。どうやら夢の続きのようだ…私は結局、逃げたらしい。友達の家で一時の幸せを感じていた。その後、今はもうないはずのバイクに跨り、街を駆け抜けた。バイクがあると私は、妙に強気だ。街で、さきほど私を誘拐しようとした男が、別の人に乱暴しているのを発見…私が襲われたのと同じ場所だった。『やった!ここを警察に知らせれば、あの男は捕まる!』…自分でやっつける訳ではないが、一応、自分の勝利を確信して友達の家に帰る。しばらくするとドアを叩く音…覗き穴から見ると、さきほどとは別の男2人と女1人が立っている…急に怖くなって、チェーンロックを掛ける。窓もカーテンも全て閉めた。『これで安心だ。警察は…ひとまず呼ばなくても大丈夫かな。』などと考えながら、なぜか夕食を作り始める。…追いかけられていることなんて完全に忘れていた…ふとドアを叩く音も、騒ぐ声も聞こえなくなったことに気付くと、カーテンの隙間から外を覗いてみる…すると…突然、長い棒のようなものが窓からたくさん入ってきた。驚いて逃げようと振り返るとヤツが居て…刺されてしまった。刺されたのは私か、友達か、分からない。とにかく、友達まで巻き込んだことを後悔しながら、目の前が真っ白になるのを感じた。その瞬間、私は目覚めた。ほんの1時間の間に見た夢だった。やけに鮮明に思い出せるのが不思議だ…今の私は、何かが狂っている。怯えている。

日常コメント │ トシ@管理者



一攫千金?
2001/04/23(Mon)

 今日は昼近くまで寝た後、大学に出かけました。来月から始まる保健所実習の準備として地区診断をするはずだったのですが…結局、いつも通り何もせずに終わってしまいました。全く進んでいませんが、面倒の極みなので、もう諦めてそのままでいくことにしました。かなり適当です。

 手術後、初めて担当教官に会いました。そこで、教官の部屋に呼ばれて色々と話をしたのですが…入院中のエピソード(看護師のこういう言動がムカツクなど…)を話していたら、「本が書けそうじゃん。」と言われました。ここは一つ、本でも書いて一攫千金…なんて、無理に決まっていますよね(汗)。

看護コメント │ トシ@管理者



映画漬け
2001/04/25(Wed)

 今日は特に何もない一日でした。暇だったので、何となく『耳をすませば』を見てみました。私はこの映画が結構好きで、もう5〜6回は見たかなという感じです。他に見てない映画(ビデオ)が、少なくとも100本は保管してあるのに、どうしても好きな映画を繰り返し見てしまいます。とりあえず、これからまだ暇な日々は続きそうなので、久々に映画漬けの日々を送るのも手かな?…なんて考えています。

映画コメント │ トシ@管理者



研究計画書
2001/04/26(Thu)

 今日の朝は、卒業研究の研究計画書を準備しながら迎えました。不覚にも途中で少し寝てしまいましたが、一応、それなりに集中して頑張ったつもりです…とは言え、結局、書けないままにタイムリミットを迎えました。私は本当にどうしようもないヤツですね…。

 大学に着くと、まず研究室の教官の部屋に行きました。研究計画書が書けていない旨を伝えて、何とか勘弁してもらおうと思って行った訳ですが…勘弁してもらうどころか、教官は私がまだ研究テーマすら決めていないと思っていたようです。先週、計画書を書いてくるようにと言ったのは何だったのでしょう?…という感じです。とりあえず助かりましたが…。

看護コメント │ トシ@管理者



生と死
2001/04/28(Sat)

 『ブレイブハート』という映画を見ました。私の好きな映画の一つで、すでに何度か見たことがあるのですが、久しぶりに見たくなったので見てみました。この映画は、歴史上に実在した人物を描いたものなのですが…男として憧れてしまいますね。肉体的・精神的な強さとリーダーシップ…本当に憧れてしまいます。もしも私が乱世に生きたのなら、きっと何もしないままに死んでしまうことでしょう。好きな女性を守ることも、好きな女性に幸せを感じさせてあげることも…何もできないでしょう。映画の中で「死は誰にでも必ず訪れるが、本当に生きる者は少ない」というような言葉が出てきます。果たして、今の私は生きているでしょうか?そして、貴方は…?

映画コメント │ トシ@管理者



寂寞
2001/04/29(Sun)

 独りになると、昔の自分に戻りそうな気がする。

 真っ黒な服装をして、不機嫌そうな顔をしていた私…

 ズボンのポケットに手を突っ込み、首を傾げて歩いていた私…

 真っ黒なバイクに跨り、サングラスをして走らせていた私…

 他人を否定して、誰かが近づいてくるのを嫌っていた私…

 どうしてそんなに風に生きていたの?

 それはきっと、誰かに気付かれるのが怖かったからだろうね。

 自分のことを受け入れるのが怖かったからだろうね。

 自分が独りでいるのは、自分が避けられているからではないって、

 自分が独りでいるのは、自分が他人を避けているからなんだって、

 そう信じたかったんだよね?

日常コメント │ トシ@管理者



日本旅行
2001/04/30(Mon)

 オーストラリアでホームステイしていたときにお世話になった英会話学校の先生の彼氏からメールがありました。そのメールによると、6月に北海道から鹿児島まで日本を旅行するとのこと…6月はちょうど大学祭があり、実習も少しの間は休みになるので、できれば少しの間だけでも旅を共にできたら…なんて期待しています。一緒に旅はできなくとも、せめて会いたいものですね。楽しみです。

日常コメント │ トシ@管理者



[前の10日表示]   [今日の一言]   [次の10日表示]
- My Moblog v1.0 -