ホーム > 今日の一言



1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30





<< 前の月次の月 >>


<< 最初から最後から >>

* 指定しない(1342)
日常(618)
看護(360)
家族(147)
旅行(184)
バイク(30)
スキー(31)
テニス(42)
ダイビング(14)
アウトドア(22)
カメラ(33)
映画(12)
英語(122)
ピアノ(2)


RSS 2.0

Getting Old
Mowing The Lawn
The Piano
Annihilation
The Only Symptom Is A Fever
Heal The World
A Shy Girl
A Telephone Call From My Boss
I Lost
Spiteful

初めまして
トシさん、こんばんは。
はじめまして
ありがとうございます
初コメント

2009年07月(22)
2009年06月(28)
2009年05月(29)
2009年04月(28)
2009年03月(28)
2009年02月(10)
2009年01月(2)
2008年12月(6)
2008年11月(3)
2008年10月(4)
2008年09月(4)
2008年08月(6)
2008年07月(6)
2008年06月(9)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(7)
2008年02月(2)
2008年01月(1)
2007年12月(4)
2007年11月(5)
2007年10月(8)
2007年09月(10)
2007年08月(3)
2007年07月(2)
2007年06月(3)
2007年05月(4)
2007年04月(4)
2007年03月(8)
2007年02月(6)
2007年01月(4)
2006年12月(4)
2006年11月(4)
2006年10月(6)
2006年09月(4)
2006年08月(5)
2006年07月(5)
2006年06月(12)
2006年05月(4)
2006年03月(1)
2006年02月(5)
2006年01月(10)
2005年12月(7)
2005年11月(8)
2005年10月(4)
2005年08月(6)
2005年07月(6)
2005年06月(7)
2005年05月(13)
2005年04月(16)
2005年03月(12)
2005年02月(8)
2005年01月(10)
2004年12月(11)
2004年11月(11)
2004年10月(14)
2004年09月(3)
2004年08月(14)
2004年07月(8)
2004年06月(9)
2004年05月(1)
2004年04月(5)
2004年03月(8)
2004年02月(9)
2004年01月(10)
2003年12月(13)
2003年11月(9)
2003年10月(19)
2003年09月(19)
2003年08月(8)
2003年07月(17)
2003年06月(14)
2003年05月(9)
2003年04月(13)
2003年03月(18)
2003年02月(14)
2003年01月(22)
2002年12月(20)
2002年11月(23)
2002年10月(25)
2002年09月(25)
2002年08月(9)
2002年07月(7)
2002年06月(14)
2002年05月(28)
2002年04月(24)
2002年03月(21)
2002年02月(19)
2002年01月(17)
2001年12月(11)
2001年11月(10)
2001年10月(7)
2001年09月(15)
2001年08月(12)
2001年07月(15)
2001年06月(23)
2001年05月(20)
2001年04月(19)
2001年03月(5)
2001年02月(22)
2001年01月(20)
2000年12月(20)
2000年11月(21)
2000年10月(27)
2000年09月(9)
2000年08月(31)
2000年07月(13)
2000年06月(16)
2000年05月(16)
2000年04月(12)
2000年03月(21)
2000年02月(21)
2000年01月(16)
1999年12月(10)

・ 累計 : 7,652
・ 今日 : 17
・ 昨日 : 14

<< 今日の一言 >>

ミーコ
2002/02/05(Tue)

640×480pixel(約69.8KB) 480×640pixel(約46.3KB) 480×640pixel(約70.6KB)

 今日は予定通り、動かなくなったミーコを連れて、火葬場へ行ってきました。ダンボール箱に入れて、好きだったエサも一緒に入れて…動かなくなってもう二日も経つのに、未だに生きているかのようにキレイな身体で…でも、もう硬くなっていて、動くことはありません。

 火葬場は、とても静かなところでした。ペットの火葬を受け付けているところがあって、そこで名前と住所を書き、指定された場所にミーコとエサの入ったダンボール箱を置いて…それで終わり。係員の人は「午後からまとめて焼きますからね」と言っていました。手続きも、最後にダンボールを運んで置くのも、私にさせてもらえました。生まれたばかりで今にも死んでしまいそうだったミーコに出遭い…苦労しながらも育ててきて、いつの間にか立派なネコになっていて、気づけば15年と10か月の月日が経っていました。最後まで見届けることができて、ホントに良かったです。

 ミーコは、私が拾ってきたネコなので、家族の中でも私のネコということになっていたのですが、主に世話をしていたのは母でした。火葬場からの帰り道、車の中で母とミーコのことを話し合いました。母は、ミーコが動かなくなった日の夜、ミーコが鳴く声が聞こえた気がして目が覚めて、それから眠れなくなってしまったと言っていました。私が「16年も生きたし、悲しいというよりは、よくこれだけ生きてくれたっていう方が大きいよね」と言うと、「そんなことないよ!悲しいよぉ。」と返ってきました。母にとってもショックだったようですね…。

 私は、ミーコの写真をたくさん撮りました。別にこの別れを意識して撮っていたとかではなく、余ったフィルムを使うためにミーコを撮っていたというだけですが…庭でミーコを追いかけながら、いろいろな表情を撮りました。物に飛びかかるミーコも、寝ているミーコも、ボーっとしているミーコも、池の水を飲んでいるミーコも…今となって、撮っていて良かったなと思います。

 ミーコのエサ…「最近、新しい袋を開けたばかりで、まだいっぱい残っているのに…」と母が言っていました。みんな、まだまだ生きてくれると思っていたのでしょうね。何も食べなくなったという話を聞いて、祖母は「病院に連れていった方が良い」と言っていたそうなのですが、そんなかわいそうなことはできません。もう16年近くも生きているのです。十分に生きてくれたと思います。これ以上、無理に生きてもらう必要なんてありません。今さら何をしようが、数日生き長らえるだけでしょうし、苦しまずに生を全うできれば、それこそ幸せでしょうし…自然に逝かせてあげる方が、ミーコにとっても、私たちにとっても、良いのではないかと思います。

 ミーコがいなくなってしまったことは悲しいけれど、悔いは何もありません。たくさん可愛がりましたし、たくさん思い出は残っていますし、最後まで見届けることはできましたし…後は、ミーコが安かに眠れるように祈るばかりです。

 今まで、最後のお別れをしたときにも涙は出てこなかったのに、この日記を書いていると、涙がボロボロと流れてきました。ミーコ…ありがとう。そして、さようなら。

家族 │ トシ@管理者




名 前
E-MAIL
URL
タイトル
コメント DoCoMo絵文字絵文字 : Softbank絵文字絵文字 : EzWeb絵文字絵文字
文字色
投稿キー 投稿キー と入力して下さい)
削除キー (記事編集時に必要となります)

クッキー保存



前日]   [今日の一言]   [翌日

- My Moblog v1.0 -