ホーム > 今日の一言









1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31





<< 前の月次の月 >>


<< 最初から最後から >>

指定しない(1342)
日常(618)
看護(360)
家族(147)
旅行(184)
バイク(30)
スキー(31)
テニス(42)
ダイビング(14)
アウトドア(22)
カメラ(33)
映画(12)
英語(122)
ピアノ(2)


RSS 2.0

Getting Old
Mowing The Lawn
The Piano
Annihilation
The Only Symptom Is A Fever
Heal The World
A Shy Girl
A Telephone Call From My Boss
I Lost
Spiteful

初めまして
トシさん、こんばんは。
はじめまして
ありがとうございます
初コメント

2009年07月(22)
2009年06月(28)
2009年05月(29)
2009年04月(28)
2009年03月(28)
2009年02月(10)
2009年01月(2)
2008年12月(6)
2008年11月(3)
2008年10月(4)
2008年09月(4)
2008年08月(6)
2008年07月(6)
2008年06月(9)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(7)
2008年02月(2)
2008年01月(1)
2007年12月(4)
2007年11月(5)
2007年10月(8)
2007年09月(10)
2007年08月(3)
2007年07月(2)
2007年06月(3)
2007年05月(4)
2007年04月(4)
2007年03月(8)
2007年02月(6)
2007年01月(4)
2006年12月(4)
2006年11月(4)
2006年10月(6)
2006年09月(4)
2006年08月(5)
2006年07月(5)
2006年06月(12)
2006年05月(4)
2006年03月(1)
2006年02月(5)
2006年01月(10)
2005年12月(7)
2005年11月(8)
2005年10月(4)
2005年08月(6)
2005年07月(6)
2005年06月(7)
2005年05月(13)
2005年04月(16)
2005年03月(12)
2005年02月(8)
2005年01月(10)
2004年12月(11)
2004年11月(11)
2004年10月(14)
2004年09月(3)
2004年08月(14)
2004年07月(8)
2004年06月(9)
2004年05月(1)
2004年04月(5)
2004年03月(8)
2004年02月(9)
2004年01月(10)
2003年12月(13)
2003年11月(9)
2003年10月(19)
2003年09月(19)
2003年08月(8)
2003年07月(17)
2003年06月(14)
2003年05月(9)
2003年04月(13)
2003年03月(18)
2003年02月(14)
2003年01月(22)
2002年12月(20)
2002年11月(23)
2002年10月(25)
2002年09月(25)
2002年08月(9)
2002年07月(7)
2002年06月(14)
2002年05月(28)
2002年04月(24)
2002年03月(21)
2002年02月(19)
2002年01月(17)
* 2001年12月(11)
2001年11月(10)
2001年10月(7)
2001年09月(15)
2001年08月(12)
2001年07月(15)
2001年06月(23)
2001年05月(20)
2001年04月(19)
2001年03月(5)
2001年02月(22)
2001年01月(20)
2000年12月(20)
2000年11月(21)
2000年10月(27)
2000年09月(9)
2000年08月(31)
2000年07月(13)
2000年06月(16)
2000年05月(16)
2000年04月(12)
2000年03月(21)
2000年02月(21)
2000年01月(16)
1999年12月(10)

<< 今日の一言 >>

非国民?
2001/12/01(Sat)

 雅子さまがご出産されたということで、(マスコミが)騒いでいますが…理解不能です。新たに一つの命が誕生した…ただそれだけという気がするのは私だけでしょうか?祝福する気持ちがない訳ではありませんが、“皇室だから騒いでいる”世間には、少し腹が立ちます。普通に祝えば宜しい。提灯を持って行進してみたり、特別番組を作って放送してみたり…担当医の経歴を発表したり、いろいろな芸能人からお祝いのコメントをもらう必要が、どこにあるのか…私には理解不能です。

日常コメント │ トシ@管理者



勉強開始
2001/12/03(Mon)

 朝、テレビを見ていると、思わず「あぁー!」と言いたくなるような映像が…先日、撮影している現場に偶然通りかかり、見学していたCMが、実際にテレビで放送されていたのです。驚きました。でも、何だか嬉しいですね。ちなみに、エキストラなども使っていろいろ試していたのですが、実際に放送されていたものは女優さんのアップだけだった気が…。

 午後は講義を受けた後、国家試験の勉強をしました。私は今まで参考書も問題集も購入していなかったので、勉強のしようもなかったのですが、ついに参考書を一つ購入してみました。以前、ホームページで宣伝されているのを発見し、それを使って勉強した人が国家試験に合格したという体験談を「本当かい?」なんて冷ややかに読んでいたのですが…実際に自分が使うことになるとは…。

 夜、家に帰ると母親からある病院から電話があったと聞かされました。何でも、「まだリクルート活動をしているから、まだ就職先が決まっていないようなら是非…」という内容だったらしい。資料請求をした病院だったのですが…それほどスタッフが不足しているのでしょうか? とりあえず、就職難と言われる現代ですが、私たちには関係ないことのように思えてきてしまいますね。

日常コメント │ トシ@管理者



飲み放題
2001/12/04(Tue)

 今日も真面目に国家試験の勉強をしてみました。ドリンク飲み放題があるファミリーレストランで勉強しているのですが(家では集中できないので)、気分転換のためか、飲みまくりです。数か月前に禁ジュースを誓って以来、清涼飲料水は飲まなくなったので、今は紅茶や烏龍茶などが中心ですが…紅茶には砂糖を入れてしまうので、ジュースを飲んでいるのと同じかも?なんて。どうなのでしょう?

日常コメント │ トシ@管理者



心の障害者
2001/12/06(Thu)

 今日、テレビで日本のバリアフリーに関する問題を扱っていた。障害者が何人かスタジオに来て、日本の現状に対して文句を言っていた。私はそれを聞いて、非常に腹立たしかった。何に腹を立てたかと言えば、彼らの自分勝手さに…である。

 例えば、「最近のファミレスはバリアフリーが進んで、店内には入れるようになったけど、トイレは使えないところが多い。せっかく店内を変えても、これでは意味がない。」というようなことを言っていた。私は、それは違うと思う。

 例えば、「車椅子で道端を移動していると、視覚障害者用のブロックや排水用の溝で動けなくなることがある。どういうこと?」というようなことを言っていた。私は、それは違うと思う。

 例えば、「身体が不自由な人が押すために信号にボタンがあるが、どうやって身体が不自由な人がそれを押すのか?健常者の立場で考えてるからダメなんだ。」というようなことを言っていた。私は、それは違うと思う。

 これらに加えて彼らは、「自分たちも他の健常な人たちと同じように扱って欲しい」なんてことを言う。「馬鹿じゃないの?」なんてことを、いけないと思いつつ考えてしまう(すいません)。

 さて、私はどうして納得がいかないのかと言えば、今の日本は明らかにバリアフリーに向けて努力をしていると言えるからである。最初の例では、今までは段差などがあって利用できなかったファミレスが、今ではトイレを除いて利用できるようになった。大した進歩ではないか?完璧ではないからと、どうしてその努力や進歩を批難できるのか?私には理解できない。

 2つ目の例では、視覚障害者用のブロックや排水用の溝が問題だと言う。これは、言うまでもないかもしれないが、視覚障害者が歩き易いようにと道路にブロックを敷いている訳であって、車椅子の通行を邪魔しようとしている訳ではない。障害を抱えた方たちが、よりよく生きられる社会に向けた努力ではないか。もしかしたら、役に立たなくて、邪魔になるだけのものかもしれない。でも、どうしたら良いのかと真剣に考え、試している日本に対して、どうして文句が言えるのか?私には理解できない。しかも、これは社会の問題というよりは、車椅子の機能向上を考えるべきだと思う(この際、そんなことはどうでも良いけど)。

 3つ目の例でも同じである。実際には役に立たないかもしれないし、健常者の立場で考えた策かもしれない。でも、ちゃんと考え、実行しているのだから、それを責めるような行為は間違っていると思う。役に立たないことを責めるだけでなく、「こうすれば良いのでは?」と障害者の立場から提案してはどうなのか?自分たちはしてもらうだけで、自分たちでどうかしようという意志が見られないから腹立たしい。

 確かに、彼らはテレビに出演し、日本の悪い点を社会に警告した。それは評価すべきことだと思う。でも、彼らはどうすれば良いのか、どうして欲しいのかを具体的に提案する訳でもなく、「日本はこうだからダメだ!」と文句を言うだけ。「いったい何様だ?」と思ってしまった。今の社会に不満があるのなら、自分たちが目指す社会へと少しでも近づけるように、社会を作る人々とじっくり話し合うでも、自分たちが社会を作る側の人間になるでも良いから、努力していって欲しい。“お互いに”歩み寄ることが大切な訳であって、片方だけが真剣に考えていても、双方が別々に考えていても、進歩は望めないでしょう。

 社会が変わるのを待つだけ…せっかく変わっても、納得がいかない出来だと文句を言う。まるで、甘やかされて育った現代のガキのようです。彼らは、社会に甘えすぎなのです。

 また、自分たちのように障害があっても住みやすい社会ができていないと文句を言いながら、自分たちも健常者と同じように扱って欲しいと言うのも、自分勝手な考えであると思う。社会を自分たちに合わせて変えて欲しいと、特別に配慮して欲しいと訴えながら、自分たちを他の人と同じように扱って欲しい…それは矛盾しているでしょう?

日常コメント │ トシ@管理者



デモCD
2001/12/09(Sun)

 今日は友達の友達がライブをするというので、一緒に行ってみました。予想以上にうまくて驚きました。手渡されたアンケートを書くとデモCDをくれると言うので、張り切って書いてみました。もらって嬉しいCD…でも、1〜2回も聞けば満足だったりして(汗)。

日常コメント │ トシ@管理者



過去の私から
2001/12/12(Wed)

 私は「挫折を知らない人間」でしょうか?私はプライドが高すぎると言われることがあります。実際、プライドが高いのは間違いないと思いますが…。

 私を『人から馬鹿にされたことがない』と言う人もいます。でも、私は納得しかねます。小学生時代の私は、馬鹿にされてばかりでした。いじめられっ子でしたから…。「猿!猿!」とからかわれ、トイレで水をかけられ、びしょ濡れで困っているのを嘲笑われたり…後ろからいきなりズボンを下ろされ、恥ずかしい思いをすることもあったし…帰るときはクラスメイトに見つからないようにと走って帰っていたこともあります。青白い顔をして、痩せているから頬に血管が見えていて…気持ち悪いと言われていたこともあります。

 そんな日々の中で、円形脱毛症と思しき状態になったこともあります。決して大きなものではありませんでしたが、人から「これ、どうしたの?」なんて聞かれることもありました。知り合いの床屋に頼んで、目立たないようにカットしてもらったりしました。すぐに治ったので良かったのですが…。

 中学に入ると、「勉強」が私を救ってくれました。中学に入って最初の試験では、予想以上に悪くてショックを受けたのですが、そのときの悔しさをバネに頑張ったら、学年でもトップを競うくらいになることができました。対して、いじめをするような人たちは勉強ができないことが多いので…彼らは次第に小さくなっていきました。ついでに、学年トップクラスの人たちと試験結果を競っているうちに、彼らと仲良くなることができました。そういう連中と一緒にいると、いじめられることもないようで…助かりました。

 小さい頃の私は、明らかに人より下に位置づけられていました。でも、「勉強」という自信を持てる分野に出会って、いじめから解放されて…それから、苦手なことを一つずつ減らそうとしてきました。以前から何度もこの「今日の一言」に書いているように、バイクは存在感や力の象徴として、弱い自分のイメージから解放されるため、スキューバ・ダイビングは泳げない自分から解放されるため、ホームステイは、両親がいないと何もできない自分から解放されるため…

 そして、気づいたら自慢できることが多くなっていました。はっきり言って、人から「すごいね」と言ってもらえることも少なくないです。人から馬鹿にされることなんて滅多にないです。でも、最初からそうだった訳ではありません。スタートは今よりずっと下の方からで、今やっとここまで辿り着いたのです。それがプライドや過剰な自信に繋がっていると言われれば、確かにその通りだと思いますが、最初から今と同じ状況だったかと言えば、それは違うと言わざるを得ません。

 努力を怠るつもりは、今の自分に満足しているつもりはありません。まだまだ直すべきところはたくさんあります。

 明日の私は、今の私より幾分か成長しているに違いない。

日常コメント │ トシ@管理者



無我夢中
2001/12/13(Thu)

 突然に空爆が始まった。降ってくる大量の爆弾にパニックを起こし、無我夢中で橋の下に走り込んだ。何とか爆弾が落ちる前に逃れられたと安堵した瞬間、わずかな隙間を縫って目の前に爆弾が落ちた…

 今朝、このような夢を見ました。何を意味しているのでしょう?何だか不吉で、恐い夢でした。先日も似たような夢で、いくつもの竜巻が起き、無我夢中で逃げていた覚えがあります。そのときは、無事に逃げられたのですが…

 今日は、午前中に講義を受け、午後からアルバム委員の集まりがあって、卒論の発表会に向けて教官と相談しに行って…忙しい一日でした。先月で解放されたと思っていた卒論ですが…何だか様相が変わってきました。もともとは全員、抄録だけで発表するという話だったのですが、発表抄録なんてものを普通の抄録とは別に作成しなければならないとか、パソコンのプレゼンテーション用ソフトを使ってスライドを作成しなければならないとか…急に変更しないで欲しいですね。もう発表会まで2週間もないのに…ちょっと忙しくなりそうです。

日常コメント │ トシ@管理者



生協食堂
2001/12/19(Wed)

 今日はレポートを提出するために大学へ行きました。そして、久々に大学の食堂で昼食をとってみました。大学に入って間もない頃に数回ほど利用したことがあるですが、混み合うところが嫌いな私は、ずっと大学の食堂を毛嫌いしてきました。しかし、もうすぐ卒業してしまいますし、久々に行ってみようかと思って行ってみたという感じです。

 久々の食堂は、時間が少し遅かったこともあり、とても空いていて、安くて美味しかったです。また機会があったら使ってみようと思います。

日常コメント │ トシ@管理者



傾眠な一日
2001/12/20(Thu)

 今日は朝から講義を受ける予定だったのですが…講義中、私はずっと寝ていました。すると、授業が終わったとき、教授が「もっとちゃんと来て欲しいなぁ。せっかく来てもずっと寝てる奴もいるし。」と言っていました。恐らく私のことでしょう…申し訳ないです。

日常コメント │ トシ@管理者



損失とメリット
2001/12/22(Sat)

 最近、車を購入するかどうかで迷っています。金銭的な損失と車のメリットを秤にかけて…どちらとも決めかねています。少なくとも、現時点では貯金30万足らずといったところなので、車を購入できる状態ではありません。しかし、親は100万円を限度として援助してくれると…それでも足りない場合は利息なしで貸与してくれるということ。

 もし車を購入したとすると、駐車場代が月15000円(勤務予定の病院は都会にあるので高い。実家の方なら月3000円なのに…)、親への返金が月10000円、車検が最初の3年で10万円、保険料が年に数万円…かなり痛いです。はっきり言って、これだけのお金に見合うほどのメリットはないと思います。あとは、気分的なものですね。

 貯金を考えなければ、楽に支払うことができると思うのですが、何かあったときのために、貯金だけはしっかりしていきたいと考えているので…悩むところです。

日常コメント │ トシ@管理者



[前の10日表示]   [今日の一言]   [次の10日表示]
- My Moblog v1.0 -