ホーム > 今日の一言








1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<< 前の月次の月 >>


<< 最初から最後から >>

指定しない(1342)
日常(618)
看護(360)
家族(147)
旅行(184)
バイク(30)
スキー(31)
テニス(42)
ダイビング(14)
アウトドア(22)
カメラ(33)
映画(12)
英語(122)
ピアノ(2)


RSS 2.0

Getting Old
Mowing The Lawn
The Piano
Annihilation
The Only Symptom Is A Fever
Heal The World
A Shy Girl
A Telephone Call From My Boss
I Lost
Spiteful

初めまして
トシさん、こんばんは。
はじめまして
ありがとうございます
初コメント

2009年07月(22)
2009年06月(28)
2009年05月(29)
2009年04月(28)
2009年03月(28)
2009年02月(10)
2009年01月(2)
2008年12月(6)
2008年11月(3)
2008年10月(4)
2008年09月(4)
2008年08月(6)
2008年07月(6)
2008年06月(9)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(7)
2008年02月(2)
2008年01月(1)
2007年12月(4)
2007年11月(5)
2007年10月(8)
2007年09月(10)
2007年08月(3)
2007年07月(2)
2007年06月(3)
2007年05月(4)
2007年04月(4)
2007年03月(8)
2007年02月(6)
2007年01月(4)
2006年12月(4)
2006年11月(4)
2006年10月(6)
2006年09月(4)
2006年08月(5)
2006年07月(5)
2006年06月(12)
2006年05月(4)
2006年03月(1)
2006年02月(5)
2006年01月(10)
2005年12月(7)
2005年11月(8)
2005年10月(4)
2005年08月(6)
2005年07月(6)
2005年06月(7)
2005年05月(13)
2005年04月(16)
2005年03月(12)
2005年02月(8)
2005年01月(10)
2004年12月(11)
2004年11月(11)
2004年10月(14)
2004年09月(3)
2004年08月(14)
2004年07月(8)
2004年06月(9)
2004年05月(1)
2004年04月(5)
2004年03月(8)
2004年02月(9)
2004年01月(10)
2003年12月(13)
2003年11月(9)
2003年10月(19)
2003年09月(19)
2003年08月(8)
2003年07月(17)
2003年06月(14)
2003年05月(9)
2003年04月(13)
2003年03月(18)
2003年02月(14)
2003年01月(22)
2002年12月(20)
2002年11月(23)
2002年10月(25)
2002年09月(25)
2002年08月(9)
2002年07月(7)
2002年06月(14)
2002年05月(28)
2002年04月(24)
2002年03月(21)
2002年02月(19)
2002年01月(17)
2001年12月(11)
2001年11月(10)
2001年10月(7)
2001年09月(15)
2001年08月(12)
2001年07月(15)
* 2001年06月(23)
2001年05月(20)
2001年04月(19)
2001年03月(5)
2001年02月(22)
2001年01月(20)
2000年12月(20)
2000年11月(21)
2000年10月(27)
2000年09月(9)
2000年08月(31)
2000年07月(13)
2000年06月(16)
2000年05月(16)
2000年04月(12)
2000年03月(21)
2000年02月(21)
2000年01月(16)
1999年12月(10)

<< 今日の一言 >>

抗ストレス剤
2001/06/01(Fri)

 小児看護実習4日目…今日は午後から受け持ち患児が外泊してしまうということで、朝にケアが集中していました。まずは洗髪…前回は見学させてもらったので、今回は自分で実施させてもらいました。でも、前回とは違う方法で洗髪することになったので、看護師さんのを見本に…ということはできませんでした。しかも、看護師さんは私に任せてどこかへ消えてしまうし…結局、患児のお母さんに指導してもらいながら洗髪をしました。お母さんに指導してもらうと言うと、何か変な感じもしますが、私たちが患者側から教わることがあっても良いと思います。…と言うより、互いに教え教わり、高め合っていくことはとても大切なことだと思います。今回の場合、お母さんは何度も病棟での洗髪を経験しており、患児の好むやり方なども知っているので、それを教えてもらうことは、私にとっても患児にとっても有益になることでしょう(たぶん)。

 再び昼休憩の時に、慢性期実習で受け持たせて頂いた方に遇いました。来週から少しの間だけですが、入院されるそうです。たぶん以前と同じ病棟でしょうから、また暇を見つけて会いに行きたいものですね。

 患児が外泊に出てしまってから暇だったので、教育スペースと呼ばれる学生の控え室で雑談しまくっていました。まるでいつかの実習のようです。それにしても、やはり実習中の雑談は楽しいですね。これがなかったら実習のストレスには打ち勝てません。

看護コメント │ トシ@管理者



禁止令
2001/06/02(Sat)

 昨日は朝から歯が痛く、夕食の頃には痛みが強くて食べるのにも苦労する状態でした。だから今日は絶対に歯医者へ行こうと決心していたのですが、今朝、起きてみると痛みがなくなっていました。やはり何歳になっても歯医者へ行くのは嫌なもので、「痛みがないから良いか…」などと心が揺らいでみたりして…。でも、やはり実習中に痛くなったりしては困ると思い、覚悟を決めて歯医者へ…

 最初、小さな虫歯が発見されました。歯医者さんも「とりあえず今日はここを治療しておきます。」なんて気軽に言っていましたが、少し削ってみるとかなり大きな虫歯と判明…歯医者さんの説明によると、歯の表面は固くて丈夫だけど、そこに少しでも穴が開くと中は柔らかいから、中で虫歯が広がってしまうことがあるそうな…とりあえず、あまりに大きいので麻酔をかけて治療することになりました。治療後、「麻酔が切れたらドーンと痛みがあるかもしれませんから、痛み止めを出しておきます。それでも我慢できないようなら、すぐに来て下さい。」なんて脅し(?)もかけられ、ボルタレン(錠剤)をもらってみました。そんなにひどかったのでしょうかね…?

 私は以前から書いているように、生まれつき病気を持って生まれました。難病とされる病気です。その病気の影響で、毎日計18錠の薬を飲むことを余儀なくされていますし、入院&手術なんてことも経験しました。また、手術の影響で、ある合併症を起こし、その病気とも一生涯付き合っていくことを余儀なくされています。色々と苦労させられているこの病気ですが、今日、新たな悲劇が訪れました…

 幼い頃に使用した薬の副作用により、私の歯は黄色っぽく変色し、虫歯になりやすい脆い歯になっています。歯の色のことは子どもの頃から気にしていて、笑うときに見える歯が嫌で笑顔が歪んだこともありました(今でも微妙ですが…)。歯が脆いことも以前から歯医者に行く度に指摘されてきました。でも、今日ついに「もう清涼飲料水は飲まない方が良い」と言われてしまいました。私はジュース(特に炭酸ジュース)が好きで、よく飲んでいたのですが…今日からはお茶だけを飲むことに決めました。自分のためです。頑張ります。

日常コメント │ トシ@管理者



安楽の変調
2001/06/03(Sun)

 今日も朝から歯痛に苦しみました。何もしなければ痛まないのですが、噛み合わせるだけで相当に痛い…。柔らかい食べ物を選んでみても、まともに食べることができませんでした。夕食頃にまた痛みが強くなったので、痛み止めの薬を飲んでみると、驚くほどの効果…普通に食べられました。でも、もう痛み止めはなくなってしまいました。このまま治まってくれると良いのですが…果たして?

 昨日から始まった禁酒ならぬ禁ジュース…二日目の今日は難なく達成できました。ちなみに私は最初、炭酸ジュースを飲むことができませんでした。でも、友達との付き合いで飲むこともあるだろうと、頑張って飲めるようにしました。そして、今では好物になっていたのですが、今度はまた炭酸ジュースを飲めない人間に変わろうとしています。「まぁ、適当に達成できることでしょう」なんて、今は気軽なものですが、この先どうなることやら?

 以前、この日記にも書いたオーストラリアから日本へ来る私の恩人たちは、昨日オーストラリアを発ちました。せっかく日本へ来るのだから再会したいとメールをしていたら、詳しくは日本に着いてから電話で相談しようということになって…私の携帯電話の番号を教えておきました。でも、もう何か月も英語なんて話したことありませんし、ジェスチャーの使えない電話でちゃんとコミュニケーションが図れるのかどうか…本当に電話がかかってきたらどうしましょう?という感じです。

日常 - 英語コメント │ トシ@管理者



日常生活
2001/06/04(Mon)

 小児看護実習5日目…今日は特に何もない平凡な一日でした。現在、私の受け持ち患児は2日に一度くらいのペースで採血があるだけで、特に何の治療も検査もなく、毎日元気に院内学校に通っています。だから、毎日が同じリズムで流れており、入院生活というよりも日常生活という感じになっています。きっと明日も彼女たちは同じような一日を送ることでしょう。

 明日はついに集団プレイがあります。結局、少しだけ内容に変更はあったものの、私の役回りは変わらず…なかなか恐いような、ちょっとおいしいような、微妙な感じですね。とりあえず、子どもたちの笑顔を目指して頑張ります。

看護コメント │ トシ@管理者



猿当て合戦
2001/06/05(Tue)

 小児看護実習6日目…今日は前々からアピールしていた集団プレイがありました。参加者は患児8名+保護者3名で、プレイルームの大きさから考えると、適当な人数が集まってくれたという感じです。一応、みんな楽しそうな笑顔だったのですが、中には「もう次からは参加しないでおこうかな?」と言っていた子もいるようで…成功なのかどうか微妙なところですね。

 具体的な企画としては、『猿当て合戦』という名前のゲームで、参加者たちを二つのグループに分け、的である猿に向けて玉を投げてもらい、当たった玉の数が多いチームの勝利となる…というものです。猿に向けて物を投げるという点から、教育的な配慮をする必要に迫られた私たちは、次のような設定をしました。つまり、猿はお腹を空かせて元気がなくなっているから、みんなで食べ物をあげよう!…ということにしたのです。この導入部分、またしても劇でした。最近はどうも劇をする機会が多いような…舞台度胸がついてきた気すらしますね。

 書き忘れていましたが、猿を演じたのは私でした。集団プレイに使えそうなオモチャはないかと探していたら、先輩たちが作った猿の着ぐるみを発見…なぜか着せられてみると、サイズがぴったり…猿は私に決定してしまいました。今日は教育スペースで猿の着ぐるみに着替えて待機…このとき小児外科で実習している友達に目撃されてみました…その後プレイルームに行き、小芝居をし、玉を投げ付けられる的になり、ゲーム終了後にしっぽを引っ張れるなどいじられてみたり、猿の格好のままで各病室を回ってみたり…なかなかハードでした。

 でも、ゲームが終わった後に一緒に写真を撮ってくれと頼まれてみたり、自分がメインとなって子どもたちを楽しませることができたりと、嬉しいこと・楽しいことの方が多かったように思います。ちょっと恥ずかしくて、プレッシャーなども感じてみましたが、子どもたちと一緒に楽しむことができて、私は満足でした。思い切って猿の役を引き受けて良かったです。私にとっては良い思い出…子どもたちにとっても良い思い出となってくれたら最高ですね。

看護コメント │ トシ@管理者



奇形
2001/06/06(Wed)

 小児看護実習7日目…今日はNICU見学がありました。NICUというのは、24時間体制で疾病新生児や早期産児に濃密な治療と看護を行う施設のことです。私はそこで、13トリソミーと呼ばれる絶対予後不良とされる遺伝子異常をもって生まれた子を担当しました。その子は、遺伝子異常の他に口唇口蓋裂(上唇が鼻まで裂けている)、臍帯ヘルニア(肝臓や腸がヘソの穴から体外に露出している)、大動脈狭窄を合併しており、積極的な治療はせずに死を待つばかりという状態で、外見的にも少しばかりショックを受ける感じでした。

 とりあえず、指示されるがままに体温を計ってみたのですが、途中で泣き始めてしまいました。ただでさえ状態の悪い子…泣くと酸欠状態になって危険かもしれないということで、抱っこして頭を撫でてあやしていました。するとすぐに泣き止んでくれて、すごく心地良さそうな表情をしました。それを見て、口が裂けているとかいう外見も気にならなくなり、「この子も普通の赤ちゃんだ」と可愛らしく思えました。もし自分の子だったら、また見方が変わるのかもしれませんが、奇形を持って生まれた子でも可愛いと思えたことは、自分でも少し意外でした。他の学生は、その子のことを少しグロテスクな奇形を持った可哀相な子としか見れていないようでしたから、私はその子の担当に指名されてラッキーだったと思います。何だかとても良い経験ができた気がします。

看護コメント │ トシ@管理者



鉢合せ
2001/06/08(Fri)

 小児看護実習8日目…今日で小児科での実習も終わりを迎えました。最終日ですが、特にこれと言って変わったこともなく、最後にカンファレンスがあったくらいのものです。ただ、今回は実習最終日に記録を提出しなければなりませんでした。いつも記録を溜め込んで後から必死に書いている私には辛いこと…と言いたいところですが、今回は毎日コツコツと進めてきていたので、実習メンバーの中で一番に書き上げることができました。ちょっとした奇跡ですね(笑)。

 実習終了後、友達と3人で打ち上げ…のつもりだったのですが、飲み屋に行ってみると、偶然に他の実習グループが打ち上げしているところに遭遇してしまいました。しかも隣の席…互いに驚き、爆笑したのは言うまでもありません。

看護コメント │ トシ@管理者



約束
2001/06/09(Sat)

 夜、噂の人から電話がありました。オーストラリアからの旅行者たちです。携帯電話が鳴ったと思ったら『公衆電話』の文字…もしかしたらと思って出てみると「Hello!!」と懐かしい声が聞こえてきました。

 以前の日記にも書きましたが、彼らは私がメルボルンでホームステイしていたときにお世話になった人たち…彼らが日本に来ることを知って、「日本で会えるかな?」なんて話をしていたのが去年の8月…もうすぐ1年が経とうとしているのですね。彼らの旅行期間が私の休みと重なると知って「会えるかもしれない」とメールしていたのが1か月前のこと…そして、具体的にどうやって会うかを電話で相談している現在…何と表現すれば良いのか分かりませんが、何だかとても良い感じです。英語で相談するのは少しきついものがありますが、何とかうまく話をつけて会いたいと思います。

日常 - 英語コメント │ トシ@管理者




2001/06/10(Sun)

 オーストラリアからの旅行者たちとは、明日の夜に逢うことになりました。わざわざ新幹線を使って彼らのところへ行きます。でも、もう10か月も前から約束していたことですし、今を逃したらもう会う機会はないかもしれないので…少しの間しか会っていられないかもしれませんが、日本での再会を祝しながら楽しく過ごしてきたいと思います。

 ちなみに、心配していた英語は意外と健在でした。自分で言うのも何ですが、なかなかスムーズに相談できた気がします。もしかしたら以前よりもうまくなっているかもしれません。別に英語の勉強をした訳ではありません。ただ、今の私は以前ほど失敗を恐れなくなっているのです。健康教育やら集団プレイ(猿)やらを経験するうちに、恥をかくことへの抵抗が少なくなったと言うか、自身のイメージが壊れつつあると言うか、少しだけ度胸がついてきたと言うか…以前なら「こんな表現じゃ通じないだろう?」と思って言えなかったことも、今は言えるようになったのです。変な文法でも何か話していれば、一応は通じるものですからね。スムーズに会話しているように思えてしまいます。明日もいい加減な英語で適当に楽しく会話してきますよ(笑)。

日常 - 英語コメント │ トシ@管理者



いつ、どこで
2001/06/11(Mon)

 今日は朝早くから出かけて、オーストラリアから旅行に来ている友人たちと会ってきました。当初の予定では、夜7時に会って一緒に夕食でもという感じだったのですが、私も遠いところから出かけて行く訳ですし、せっかくだからということで、朝11時に会って一緒に観光もさせてもらうことになりました。

 心配していた英語でのコミュニケーションは、意外と平気でした。夜には居酒屋に連れて行き、一緒に飲みながら話していたのですが、楽しく過ごすことができました。時には通訳のような役割もしてみたりして…私の英語も捨てたものではないのかもしれませんね。ちなみに、外国の友人を連れて日本の居酒屋に行くことは、私の夢の一つでした。なかなか経験できることではないですからね(たぶん)。枝豆やらなんこつの唐揚げやら、居酒屋だなぁ〜と思えるものを色々と試してみましたが、なんこつの唐揚げはかなり不評でした。「オーストラリアでは普通、ここ(軟骨)は食べないよ。」なんてことを言われてみたりして…ははは(汗)。

480×320pixel(約70.3KB)

 肝心の観光ですが、少しばかりハードでした。移動手段はバスや電車などをフルに活用したのですが、それでも歩きによるところも多く、また、欲張って色々と見てまわっていたので…天気が良かったこともあって、久々に汗をかいたような気がします。

 まだまだ語り尽くせないほど色々なことがありましたが、とにかく今日は楽しかったです。オーストラリアはメルボルンで知り合った私たちが、10か月のときを経て、場所を変えて今度は日本で再会した…これだけでも感動ものですよね。次に会えるのは…いつ、どこででしょう?

旅行 - 英語コメント │ トシ@管理者



[前の10日表示]   [今日の一言]   [次の10日表示]
- My Moblog v1.0 -